インターネット上の車査定サイトから、必要事項

自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくこ

インターネット上の車査定サイトから、必要事項を入力して査定を申し込む方法が車査定の主流となりつつあります。

しかしこれを利用すると、業者から営業電話がどんどんかかってくる場合があり、しかしこれも、仕方がないことだと思っておいた方がいいです。

こういった営業電話に対しては、話を延ばさないで淡々と断ってしまえば、それ以上の電話攻勢はしてこなくなる場合が殆どで、それでもまだ電話が来るのなら、着信拒否をしてしまえばいいのですから、対応次第で如何様にもなるかもしれません。

数は少ないのですが、電話番号をはじめとする個人情報を書き込まなくても査定の金額を提示してくれるサイトを利用して申し込んでみると、営業の電話は防げるでしょう。普通は、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(JAAI)に査定を依頼する必要が生じます。

日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、査定には指定の料金がかかります。また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

これならいいだろうと思える査定金額に達し、車を売却しようという段階になったら所有者は書類を複数用意しなければなりません。

また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、最新の納税証明書の原本が必要です。

契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、いわゆる過走行車という扱いになり、一般の中古買取店などで査定してもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている中古車屋に打診するというのもありです。

さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしてはこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったりしっかりと目で分かるへこみ、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、それを回避するために自らお金を出して修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

所有する車の売却をスムーズに進めるためにも、必要書類を準備しておくことをお勧めします。

買取に必須の書類は車検証・車庫証明・保険料納付書ですね。車に付属しているマニュアル(取扱説明書)がきちんと残されているケースは、査定結果が良くなりますね。思いのほか入手に手間取るのが、車庫証明です。必要書類は前もってきちんと準備するのが良い結果に繋がります。

買取業者に車を査定してもらう時は本人がその場にいなければいけないとする強制的なルールはないものの、本人不在で起こりうるトラブルを防止すべく、できるだけ査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。悪質と決めてかかるのはいけませんが、ひどいのに当たると、所有者がいなければわかるまいともともと何でもない部分に傷をつけたりして安く買い叩く業者もいるそうです。

自動車査定の際、高額査定のポイントの一つに挙げられるのが、人気のあるタイプの車であるということです。その理由は、市場でよく売れる車種は、業者の立場から言うと買い取ったときに売れ残る可能性が低く、たとえそう安くなくとも購入したいという声が上がりやすく、一般的に高く査定額を提示されることが多くなると考えられます。例として、アルフォードやワゴンR、フィット、ハリアーなどが人気の高い車種です。車査定、買取の一連の流れは大まかには以下の通りとなります。

最初に申し込みの手続きを行います。

電話で申し込むか、直接来店して頂き依頼する方法、ネットで申し込みいただくことも可能です。申し込みが済みましたら、査定です。

査定担当者が車の状態を把握し買い取る額を割り出し、その額に納得できたら成約となります。

そのように車査定は行われます。査定の額を高くする方法として、多くの人が最初に思いつくのが洗車でしょう。

車をピカピカに洗った状態で査定に挑むと印象がアップし、査定額が高くなります。

その際、ワックスも絶対かけておいてください。それに、車内を脱臭することも見逃せないポイントです。

ペットのワンちゃんやタバコの臭いはマイナス査定となるので、脱臭は必要不可欠です。

This entry was posted in 車売却. Bookmark the permalink.