前、乗ってた中古車の買い取りを依頼する時に注意して

車の査定は、出張査定をお願いしても、基本的にはど

前、乗ってた中古車の買い取りを依頼する時に注意しておいたほうがいいポイントは、悪徳業者と売り買いしないことです。一般的に名の通った会社なら安心ですが、他に支店のないようなお店は、気を付けなくてはいけません。悪徳業者に依頼してしまうと、車を渡してもお金を払ってもらえないという話を耳にします。

リサイクル料金を先に支払っている車を下取りに出す場合は、資金管理料金を除く分が返ってくることを初めて知りました。

今までは知らなかったことなので、次回からは、買取店から査定を出してもらったら、リサイクル料金はしっかり確認したいと思っています。個人で売却する場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定の場合にはトラブルの心配は皆無です。

個人間で売買をする場合には、車の納品に関わらず、代金の回収が困難であったり、お金を支払ったにも関わらず車を渡されないといったリスクの可能性があります。

売却が終わった後に購入者からクレームがくることもよくあります。

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。

でも、ちょっともったいないと思いませんか。

下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、車のコンディションや年式によっては下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると買取業者のほうが高かったんです。特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。

2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。現金を持ってディーラーに行き、ディーラーから車を購入しました。下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。

ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。

子供が大きくなってきて一緒に遠出する機会も増えたため、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い換えることにしました。他メーカーの車でもOKというので下取りしてもらい、実際、下取りしてもらった経験はなかったので、見積書を見ても、下取り価格が値引き額同然に思えてきて、これは有難いと交渉なしで決めました。同行していた家族の手前、言い出せませんでしたが、僕が思っているより下取り額が安かったので、せめて半月前に買取業者の査定を利用していたら良かったのではないかといまさらながらに後悔したものでした。車を査定される時には、必要書類や取扱説明書、記録簿などを先に準備しておくことは好印象になり、査定額が上がることも想定されるので、やっておくことは損ではないでしょう。

反対に、故障や事故歴などを隠したり、虚偽の報告をすると印象が悪くなります。

修理や故障をした事などを隠しても、必ず知られますから問題が起きる元になるのです。査定結果に納得し、車を売却しようという段階になったら複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。普通乗用車と軽の場合は違いもありますから分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。必ず必要になるのは車検証で、そのほかリサイクル証明と自賠責保険証、そして(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。しかし軽乗用車に限っては実印ではなくよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。具体的に車の下取り金額が下がるとすれば、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、一般好みされない車体色である、傷や汚れが目立つ、車の装備品が壊れている、車中でのタバコ等があります。

とりわけ大きいのは車体の修理歴であり、査定価格低下につながります。

修理個所があれば査定額の低下は免れないでしょう。査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、来てくれるならいつでもという構えで出来るだけたくさんの業者に査定させる方が効率的です。

来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、自然と査定額もアップするでしょう。

車の査定額は天気次第で変わりますよね。

晴れの日、ピカピカに洗車した車を持っていけば見栄えもよく、車を愛していることがわかるため、査定額は上がるはずです。

一方、雨が降る日は、細かい傷のチェックが難しいため、査定を行う人が注意深くなって、最低の値段がつくこともあります。

以上のことから、車査定は天気のよい日の方が有利になります。

This entry was posted in 車売却. Bookmark the permalink.