とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して

車査定業者は、しつこいくらい執拗に営業をかけ

とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、車関連の話に限定されることなくいろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。

自分が署名して捺印をすると、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

書かれている自動車の内容に問題はないか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、じっくりと確認することが大切です。

分からないところがあったら自分が納得するまで担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。

車種によっても査定額に差はありますが、特に人気の高い車種は査定を依頼しても、満足いく査定結果になることが多いですね。例を挙げてみると、トヨタのプリウス、日産のセレナ、ホンダのN-BOXなどは査定額が上がりやすい、人気の車種です。例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、売ろうと思った時には人気が落ちているなんてこともあります。

そういった時は反対に高額買取は見込めないでしょう。

中には、車査定を受けようとする際に、洗車をすべきか悩む人もいるようですがこれについては、意見は割れています。査定前には洗っておいた方がいい、と考える人は多くいて洗車する方が良さそうなものですが、そうやってきれいにすると、小さないくつもの傷が見えてくるようになります。

とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。

洗車をしたかどうかに関わらずキズを見落としたりする訳がありません。

ということであれば、汚れた車を見てもらうより、多少でも印象を良くするために、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。

少し前に、一括査定サイト経由で申し込みをして、車査定を出張で受けてみました。無料で受けられたので、査定に手数料はかかりませんでした。

ディーラーの下取りを利用したときは査定料がかかりました。実は買取の方が得だったことがわかったので、もう絶対に下取りは止めて、買取にしようと思いました。ネットのオークションにも関心がないではありませんが、他のネットオークションよりも、車の売却はトラブルが多いと言われますし、自分一人で対応するのは困難なので、業者の買取を利用した方が安心です。

車の査定をしてもらいたいと思ったら、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、出張査定サービスを利用するのもありです。

家に他人が来るのは構わないという状況なら、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点で売主側にとってはベターと言えます。

この出張査定をうまく利用すると、数多くの業者による同時査定も可能ですから、契約を巡る価格競争の結果、比較的高額での売却が可能になるからです。すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。それは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

廃車にするのが軽自動車だったときには、自動車税は戻りません。

しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車業界では減点査定の対象となります。5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、10万を超えると過走行車となり、値段がつけられないと言われることも多いです。

けれどもそれで諦めろといったわけではなく、まだ道は残されています。過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、部分ごとに細かく査定して相応の値段をつけて引き取ってくれます。車の査定額は天気次第で変わりますよね。よく晴れた日、丁寧に洗車した車を持っていくと見た目も美しく見え、車を愛していることがわかるため、査定額が上がると思います。

一方、雨が降る日は、細かな傷のチェックなどができず、査定を行なう店員も慎重になり、最低の値段がつくこともあります。

以上から、車を査定してもらうなら晴れた日に行う方が良いでしょう。プロが見れば素人がいくら頑張ったところでその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、業者を騙すのと同じことで、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。修復歴をあえて隠すというのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

愛車を売却するときに気をつけたほうがよいのが、メールやネットで調べられる価格です。

中古車を売るときには、これが問題を引き起こしやすいのです。

この価格で了承して業者を呼んで、見積もってもらうと、傷やあてた跡があることから予定よりも低い価格になる事例がたくさんあります。従って、出張査定の際もより多くの業者を視野に入れておくのがいいでしょう。

This entry was posted in 車売却. Bookmark the permalink.