自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業

買取業者に車を査定してもらう時は本人が立ち会う必要があるなど

自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

普通の売買手続きで必要な書類に加え、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

しかし所有者が既に亡くなっている際は、こうした書類を揃えることは不可能ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。普通の売却と違って必要な書類も多いですし、売るのは簡単なことではありません。

二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては制度としては好都合ですが、ユーザーにはかなり不利な制度です。悪質業者に至ると、二重査定という制度を巧みに使って、かなり査定額を下げるリスクもあります。トラブルを防ぐためにも、契約を行う前に契約内容を明確に把握すること、査定時に明確に車の状態を報告することが大切です。車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが意外と多いです。名義人が家族や知人である場合は、きちんとした手続きを踏む必要があります。それには名義人の印鑑証明書とその車を譲ったことがわかる譲渡証明書と売却委任状(どちらも実印の押印が必要)があれば本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車はそのままでは売却できません。

そちらの支払いを終えていただき、名義を変更したのちに、査定・売却となります。自動車を下取りに出さないといけない時、だいたいいくら位するものなのか知りたいと思うことあるでしょう。

では、買い取りの一般的な数字は調べることができるのでしょうか。先に答えを言えば、それは分かります。が、実際に買い取られる価格とは少し違ってくると思ってください。

下取りをいつするかにもよりますし、車がどのような使われ方をしたかにもよるので、必ず、調べた価格で買い取られる訳ではありません。

車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。

そしてそのための交渉のやり方と手順を知っておく必要があります。

まず、複数の業者にあたりをつけます。それらの業者から、見積をもらいます。

価格についての話はこの時点ではしません。

出してもらった金額の、一番高いところを基準にして価格交渉をしてみます。

これがうまくいくと、見積もりで出た最高額以上の値段を業者から引き出せることもあるでしょう。

ですが、これを幾度も繰り返してしまうと、車を本気で売るつもりはないと思われて交渉できなくなるでしょうから、気を付けた方がいいでしょう。使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

タイヤは使えば減るものです。

それに、買い取ったあとに販売店のほうでいまどき風のタイヤに付け替えることが普通だからです。

ですから、見積額への減点査定はたいしたものではありません。所有者の方でタイヤ交換をしたところで、むしろ損ということになります。

愛車の査定をする場合、お店に出向いたり、自宅に足を運んでもらうのが一般的です。

また、メールでの中古車査定を行うところもあります。

その場合、業者とのやり取りを直接行うため、ものすごく面倒です。中には、繰り返し何度も営業を行ってくるところもあるので、もう勘弁して欲しいと感じることもあるでしょう。

インターネットで良く見かける無料中古車一括査定サイトを使うと、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。

じっさいの見積もりの時に価格交渉を念頭においているのであれば前もって知識を得ておくために重要でしょう。

それとは逆に、売ることは考えていないけれども相場だけ知りたい場合に活用することは勧められません。

インターネットで一括査定サイトを利用すると、直後から多くの営業電話がひっきりなしにかかってきます。

実際に売ろうと考えていないのならば、たくさんかかってくる営業電話は全くのストレス源にしかなりません。自分が所有している車のおおよその査定相場をチェックするときに、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、売却希望の車のメーカーサイトで価格を確認するという手段もあるのです。

メーカーサイト上で参考値を知るだけならば個人情報は必要なく売却希望の車の年式や車種などの基本情報のみで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように一気に複数の業者から営業電話がしつこく掛かってくるリスクは回避できます。

車の査定を受けるのであればその前に、ちゃんと洗車を済ませておくべきです。

車を査定するのはあくまで人間、洗車すらしてもらえない汚い車より手入れの行き届いたきれいな方にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。

そもそも車が汚れていては、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、そのため安く査定されてしまうかもしれません。

それから洗車をする場合、外装のみならずタイヤまわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。

This entry was posted in ディーラー下取り. Bookmark the permalink.